「ゲイリー・シュワルツのシアターゲーム」実践クラスオンラインショー『シアターゲーム博覧会』を上演します!|7/31(土)

こんにちは!なつみです。

「ゲイリー・シュワルツのシアターゲーム」実践クラスはアメリカのインプロの創始者であり、シアターゲームを発明したヴァイオラ・スポーリンの直接の弟子であるゲイリー・シュワルツを講師に招き、今年の6月から開講してきたクラスです。

ゲイリーとのクラスも今回で3回目。そして今回初めて、ゲイリーに「最後にショーをやるクラスをやりたい」とお願いしました。

その理由は、私自身がこれまでシアターゲームのワークショップをやっていて「で、これは何になるんですか?」と、結果や、結局この取り組みが何なのかの説明を求められることが多く、ショーを通じて「シアターゲームをやって、その先がどうなるのかを少しでもお客さんに見てもらいたい」と感じたからです。

その話をすると、ゲイリーからは「8回でシーンに到達できるレベルに行くのは難しい。ショーにあまり期待しすぎないことだよ。」とはっきり言われました。また、「シアターゲームはゲームとして作られ、あくまでもレッスンではないんだ」とも。ゲイリーはこう続けました。「みんな結果を求めるけれど、プロセスなんだ。あなた自身が誰なのかを理解する過程だ」「8週間でできることは、価値観が変わること。自分自身が誰なのかを発見すること。そのプロセスを楽しむこと」と。

そうして始まったクラスでは、みんなで遊び、笑い、時にはジブリッシュで歌を歌ったりと、とても楽しい時間を積み重ねてきました。その過程で、参加者それぞれが新しいことを見出し、体験し、学び続けてきた時間だったと感じています。

ゲイリーはこうも言います。「シアターゲームは楽しくあるべきだ。誰もがシアターで演劇ができる。そのためにとても楽しいものであるべきだ。楽しいものになっているのは、誰でも舞台で演劇できると示すためのものだからだ。演技自体をすごくドラマチックにするためのものではない。遊び心を持つから演技が誰でもできる。真剣に悩んで学ぶのはシアターゲームの狙いではない。楽しさを解放するもの。見ている人にも、誰にでも演じることができると気付いてほしい。」と。

今回のショーは、私たちが8回のワークショップの中で取り組んできたシアターゲームを、お客さんとも一緒に楽しむショーになります。

そして見ているお客さんにも「楽しそう!」「自分もやってみたい!」と感じてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

日時
7月31日(土)10:30~11:30
場所
オンライン(Zoom)
出演者
おだかずや/かずたか/かよ/しめちゃん/ねこ/ピエール/ひびき/ホイル/まりこ/ゆうすけ(五十音順)
料金
無料
申し込み
下記フォームよりお申し込みください。
自動返信メールにて、URLをお伝えいたします。

お申し込み

下記フォームより、お申し込みください。

愛知県在住。名古屋大学教育学部を卒業後、東京学芸大学大学院へ進学し、高尾隆研究室にて表現教育とインプロを学ぶ。現在はタレント事務所・高等専修学校・民間の学童保育など、子どもから大人まで幅広い年齢を対象にインプロレッスンを行っている。
LINE登録