ゲイリー・シュワルツのシアターゲームクラス

このワークショップでは、シアターゲームを作ったヴァイオラ・スポーリンに直接師事し、現在も即興の指導者として活躍するゲイリー・シュワルツからシアターゲームを学びます。

全4回、通訳ありのクラスです。

現在。募集を終了しています。

Overview

概要

ゲイリー・シュワルツ(Gary Schwartz)について

ゲイリー・シュワルツはアメリカの俳優/コメディアン/インプロバイザー/即興指導者です。

ゲイリー・シュワルツ自身が俳優・声優としてのキャリアを持ち、ロバート・レッドフォード、バーブラ・ストライサンド、ティム・バートン、ケネス・ブラナーなど多くの有名な監督と仕事をしています。また現代のインプロの生みの親であるヴァイオラ・スポーリンに直接師事した数少ない人物であり、スポーリンとその息子であるポール・シルズから推薦を得た唯一のマスターティーチャーとして活動しています。30年に及ぶキャリアの中で世界中でワークショップを実施し、これまでGoogle、Yahoo、Microsoft、Disney、Ricoh、IBMなど様々な企業とワークを行っています。

以下はゲイリー・シュワルツの言葉です。「遊ぶ能力は生まれた時から備わっていますが、人生を歩んでいくうちに、ほとんどの人はその能力を失っていきます。遊びは仕事の後だけに楽しめるものではありません。人生をより充実させ、人間関係を改善し、仕事をより成功させるためには、必要なものなのです。楽しさはあなたに活力を与え、新しいアイデアと創造性の新たなレベルへと導いてくれます。」

シアターゲームとは?

アメリカの教育者であり演劇指導者であるヴァイオラ・スポーリンが作ったゲーム形式のエクササイズです。スポーリンは移民や貧民街の子どもたちが抱える社会的な課題や、演劇に取り組む俳優が演じる上で抱える課題について、ゲームを用いて解決しようとしました。そうして開発されたゲーム群が「シアターゲーム」と呼ばれています。スポーリンはシアターゲームに楽しんで取り組んでいくうちに、子ども達や俳優が抱える問題が解決され、能力が引き出されると考えていました。現在ではシアターゲームは世界中に広まり、演劇・教育に限らず様々な分野への応用がなされています。

ヴァイオラ・スポーリンとシアターゲームついて、詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

このワークショップではゲイリー・シュワルツから直接シアターゲームを学びます。通訳ありのクラスですので、英語の力は問いません。

Details

詳細

日時
9月6日(日)~9月27日(日)毎週日曜日10:00~12:00(全4回)
9月6日(日) 1回目
9月13日(日) お休み ※当初の予定から変更になりました。
9月20日(日) 2回目
9月27日(日) 3回目
10月4日(日) 4回目
※参加できない日があっても大丈夫です。ただし、欠席による返金はありません。
場所
オンライン(Zoom)
対象
シアターゲームを学びたい方。インプロ経験は問いません。
参加費
12,000円
定員
10名
※先着順となります。
講師
ゲイリー・シュワルツ
オーガナイザー:豊田夏実 通訳:一永紗良
申し込み
下記フォームよりお申し込みください。

Application

お申し込み

現在、募集を終了しています。