「創造的になる」ためのストーリーテリングのクラス

このクラスは即興でストーリーを語ること(ストーリーテリング)について学ぶクラスです。同時に、自分の中にある創造性を引き出すことも目標としています。4月から開始予定の『Impro for Storytellers』クラスの導入でもあります。インプロや演劇の経験は無くても大丈夫です。お気軽にご参加ください。

定員のお申し込みをいただいたため、募集を終了しました。

Overview

概要

ストーリーテリングとは?

ストーリーテリング(Storytelling)とは、その名前のとおり「ストーリーを語ること」です。ときにそれは即興で行われたり、演劇的に行われることもあります。ストーリーテリングはあまり意識されないものですが、文字が生まれる前から行われている、人間の基本的な営みのひとつです。例えば、昔話を語ることもストーリーテリングの一種です。また、近年ではビジネスの文脈において人に影響を与える手法しても用いられています。

このワークショップでは、即興で簡単なストーリーを語れるようになることを目指します。インプロの大家であるキース・ジョンストンの思想や方法論に則り、ワークショップを進めていきます。

「大人は萎縮した子供」

キース・ジョンストンのインプロの基本的な考え方は、「子供は未成熟な大人」ではなく「大人は萎縮した子供」です。「即興でストーリーを語る」と聞くと、なにか特別なスキルが必要だと思うかもしれませんが、これは小さな子供が遊びの中で自然に行っていることです。

しかし、大人になるにつれて人は評価を恐れるようになり、そのような表現ができなくなっていきます。このワークショップでは、まず自分の表現をジャッジしている検閲官に気づき、それを取り除いていきます。そして、自分の中にある創造性を再び発揮していきます。

どんな人におすすめ?

「表現すること」「創造的になること」に興味がある方であれば、どなたにでもおすすめできます(例えば、人前で話す職業の人や、物語を書いてみたい人、表現活動をしている人など)。参加にあたり、インプロや演劇の経験は必要ありません。

また、ビジネスの文脈におけるストーリーテリングに興味がある人にも発見があると思います。即興のストーリーテリングは長い歴史を持っており、そこには深い知恵があるからです。

Details

詳細

日時
3月3日(水)~3月24日(水)までの毎週水曜日19:30~21:30(全4回)
3月3日(水):自分の中にある創造性に気づく
3月10日(水):ストーリーの基本的な型を知る
3月17日(水):人の心を動かすストーリーを探究する
3月24日(水):まとめとふりかえり
※参加できない日があっても大丈夫です。ただし、欠席による返金はありません。
場所
オンライン(Zoom)
対象
どなたでも。インプロや演劇の経験は必要ありません。
参加費
一般:12,000円
25歳以下:8,000円
定員
10名(最低催行人数:5名)
※先着順です。お早めにお申し込みください。
講師
内海隆雄
申し込み
下記フォームよりお申し込みください。
キャンセル
お申し込み後のキャンセルについてはキャンセルポリシーのページをご確認ください。

Application

お申し込み

下記、フォームよりお申し込みください。